影響は大きい

慰める人々

「やめたいけどやめられない」そんな風に本人の意志とは裏腹に依存行為を続けてしまう依存症。そんな依存症は、大きく分けて3つのタイプが存在します。では、その3つのタイプとは一体どういったものなのでしょう。
依存症のタイプには、まず「物質嗜癖(しへき)」というものがあります。物質嗜癖とは依存症のなかでも「物」に依存してしまうタイプの依存症で、具体的な例を挙げるとアルコールや薬物などがあります。
物質嗜癖の恐ろしいところは、依存すればするほど身体的に負担がかかってしまうということです。例えばアルコール依存症の場合、ずっとアルコールを飲み続けてしまうため、肝臓などに過度な負担をかけてしまいます。一般的にお酒を飲む場合は休肝日をきちんと挟むことが望ましいといわれていますが、依存症に陥ってしまうとそういった日を挟むことなくお酒を飲んでしまうようです。肝臓は常にフル稼働し、やがては病気を発症してしまうことにつながってしまいます。また、アルコールだけでなくタバコに含まれるニコチンもそういった物質嗜癖の対象となります。ニコチンの場合、依存性が強いため、より依存症になってしまうリスクも高いといえるでしょう。

タバコは吸い続けると肺などの呼吸器やその他の体の臓器に影響を与えてしまうため、将来的に病気になってしまうリスクも高まってしまいます。そのため、依存症のせいで「ガン」などほかの病気を招いてしまうこともあるのです。
また、物質嗜癖には薬物依存症なども挙げられます。これらも依存性が強く、一度手を染めてしまうともう抜けられなくなってしまうということもあります。また、こういった薬物も脳など体に悪影響を及ぼしてしまいます。このように、依存症のなかでも物質嗜癖は命に関わる病気を発症してしまうリスクもあるため危険なのです。

物質嗜癖以外の依存症タイプとしては、ほかに「行動嗜癖」が挙げられます。行動嗜癖とは、自分の行動に関して自制が効かなくなってしまう依存症で、主な例にはギャンブル依存症や窃盗癖、買い物依存などがあります。こういったタイプの依存症において気をつけなければいけないのは、「お金」の面においてです。例えばギャンブル依存症や買い物依存症などは、支出を伴う行為です。自分で使うお金をセーブできればよいのですが、そうでない依存症の人が上記のような行為をする場合、きりがないため後に大きな借金を抱えてしまうといったことに繋がってしまいます。生活が崩壊しかねないのです。
また、一見依存症ではないように見える行動嗜癖の一つに、摂食障害があります。これらも「食べないでいる」、「食べてしまう」といった行動をやめられないため、依存症に含まれているのです。

ほかにも、依存症には「関係嗜癖」といったタイプがあります。関係嗜癖とは、相手との「関係」において依存してしまうタイプの依存症で、例としては「恋愛依存」や「セックス依存」、「暴力的人間関係」などが挙げられます。暴力的人間関係などは暴力によって相手を押さえつけて主従関係を保つなどが当てはまります。少しドメスティック・バイオレンスにも似たようなものを感じますが、それとはまた違ったものといえるでしょう。関係嗜癖は精神的な依存であり、自分だけでなく相手も巻き込んでしまうという点があります。このように、依存症にはさまざまなタイプがあるのです。