悩んでいる男性

周りの助けも必要

顔を覆う女性

病気にはさまざまなものがあります。そのなかでも近年増加してきているのが、精神的な病気です。精神的な病気のなかには「うつ病」や「PTSD」、「強迫性障害」などさまざまな病気があります。こうした精神的な面に症状が現れるような病気が増えてしまった理由としては、現在の社会の複雑な事情が関係していると考えられるでしょう。
今のこの社会は「ストレス社会」ともいわれ、仕事の人間関係や友人との人間関係などさまざまな面において悩んでしまう機会が多くなってきています。そういった悩みがストレスになり、積もり積もってその人の心を重くしてしまうのです。溜め込みすぎたストレスは、病気の原因となってしまい身体的、精神的な病気を引き起こしてしまいます。

そういった病気のなかの一つには、依存症という病気もあります。依存症とはその名の通り何かに頼りその頼ることから抜け出せなくなってしまう病気で、依存の例にはさまざまなものがあります。
依存する対象は人によって異なっており、アルコールやニコチンなど物に依存する人もいれば人との関係に依存する人もいます。こうした依存は「嗜癖」といわれ、依存するものによって「物質嗜癖」、「行動嗜癖」などタイプが変わります。
それぞれのタイプによって本人に与える影響は異なり、例えば物質嗜癖の場合は体に対して悪影響を与えてしまいます。関係嗜癖の場合は、相手にも影響を与えてしまいます。こうして、依存するものによって影響が及ぶものも異なるのです。
こうして依存症の内容を聞くと、「治すのは難しいのではないか」と思う人もいるでしょう。確かに、依存症になってしまうともう自分の気持ちだけではコントロールすることができなくなってしまうため、依存しているものから自分で離れるということはできません。しかし、だからといって依存症が治らないというわけではなく、専門のクリニックなどで治療を行なうことによって症状を抑え改善に向かわせることができます。

例えばクリニックでは磁気刺激治療などが行なわれており、こうした治療によって脳の働きを活性化させることができます。依存症は依存するものそのものが持つ依存性によって依存してしまうことも考えられますが、それが全てというわけではありません。脳にかかっているストレスが脳に影響を与え、依存がやめられないようになってしまっている可能性もあるでしょう。
磁気刺激治療では、そういった原因を取り除くことができるため、依存症になってしまう要因を一つなくすことができます。
また、依存症になってしまっている人のなかには、「やめたいけどやめられない」というサイクルに陥ってしまっている人もいます。そのため、周りの人の助けや理解も大切なのです。
依存症を抱えている本人の意志も大切ですが、改善はサポートあってこそできるものです。ですから、周りに依存症の人がいるという人は、きちんと依存症の人のこと、依存症のことを知ることが重要です。



特集記事

本人の意志とは裏腹に

グラスに入ったお酒

数ある病気のなかの一つに、依存症という病気があります。この病気は、風邪や怪我など外傷やウイルスで引き起こされる病気とは異なります。精神的な状態が身体に影響を与える病気となっています。

More...

影響は大きい

慰める人々

依存症には、さまざまなタイプがあります。ここでは、タイプを把握しておくことで治療方法についても判断することができるでしょう。また、これらの情報は解決にも役立ちます。

More...

オススメコンテンツ

刺激で治療

元気のない女性

精神的につらい気持ちになってしまう依存症ですが、そんな依存症は病院で行なわれている治療で治すことができます。磁気刺激治療などを活用することによって、改善できるでしょう。

More...